牛軋糖

年に何回か一時帰国する香港在住の友人。
その際にお土産というか買ってきてもらいたいと、
いつもお願いするのはお気に入りのジャスミン茶。
しかし、今回この11月に一時帰国する友人には、
どうしてもある菓子が食べたくて強くお願いしたものがあるのです。

それは、牛軋糖(ヌガー)。

 

 

2009年に台北へ旅行した時にハマってしまったヌガー。
ソフトキャンディーって感じでもあるかな?
香港にも売っているはず!ということで、
わがまま言って買ってきてもらいました。
香港より、台湾の方が本場のようですがね。

それも、かなりわがままを言い、
ネットで事前に調べた3店をまわって買ってきてもらっちゃいました。
さらに、友人が現地で見つけてくれた店を合わせると、
4店舗になっちゃいましたけどね。

どうも、ありがとう!感謝です!

 

 

まずは、パッケージがおしゃれなのか、
こってこてなのか判断が難しい『皇后餅店(QUEEN’S CAFE)』のヌガー。
庶民的なヌガー菓子に比べるとランクが上。
なぜかロシアのマトリョーシカのようなデザインのパッケージの中には、
ひとつひとつ包まれたヌガー。
うまい!

 

 

そして、今回一番食べてみたいと思ったのが『ABC餅屋(ABC Cake House)』の鳥結糖。
この透明なパッケージがいかにもアジアな菓子って感じのヌガー。

 

 
パッケージのフタを開けた感じはこんな。
すごい量!!!!!
しかも、オブラートでひとつひとつ包まれてぎっしり!
これだ!うまい!最高!

 

 

さらに、大白兔糖。
香港ナビのサイトで発見!
なんでウサギなのかが不明。

 

 

これは、ナッツなどは混ざってなく、
不二家のミルキーのようなそうでないような感じ。
ヌガーというより完全にソフトキャンディー。

もう1店のもあったのですが撮影し忘れ。
ちなみに、『Jenny Bakery』のヌガー。
くるみとベリーのヌガーも最高!

今回一番食べたかったヌガーは、ABC餅屋の牛軋糖というか鳥結糖。

今回のこの量のヌガーは、
1週間もしないうちになくなりました。
うっ!高カロリー!!!!!???
しかし!うまい!
大好き!

日本(東京)で購入できないかなぁ。

これらのヌガーは、
台湾や香港のお土産はお茶ばかりでどうしよう・・・
という方にオススメかもしれませんが、
意外とヌガーが嫌いって人がいるので要注意?!

そうそう、意外と嫌いなものといえば・・・

香港の友人からはじめて土産でもらったのが『パイナップルケーキ』。
台湾の方が本場らしいですけどね。
正直はじめは、なんじゃこりゃ!!!!!まずい!!って印象。
パサパサしてるしね。
台湾や香港の土産っていったらパイナップルケーキ。
それが、実は・・・
友人以外のいろいろな方からもいただいているということもあるのか、
ここ数年で食べる機会が増えたこともあり、
そのパイナップルケーキを好きになってしまったのです。
パサパサだけど、中はしっとりというかねっとり?
その独特の食感もよく、
好きになってしまったことに自分で驚き。

アジアのお菓子って、
すごいパワーがあるのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です