Cacahouète Paris #1

2006.12.24 – Christmas Eve
今年のクリスマス用に購入したニューオープンのパティスリーです。

ちなみに、2007年正月用にと購入した焼き菓子はこちらをご覧くだされ。

それぞれの名前は・・・
すみません!ちょっと店で覚えてこれなかったので説明だけ・・・
上左から、チョコレートのムース(左上)、チョコレートとフランボワーズ、チョコレートケーキ。下左から、チョコレートクリーム等のサンド、マンゴームースの中に抹茶ケーキ。
チョコレート系は、サクサクパイが含まれたようなスポンジが使われて、
とろける中に、絶妙な食感が広がるのです・・・・・

実は、
クリスマス用に近所のお気に入りの店へケーキを買いに出かけたところ、
ニューオープンのパティスリーを見つけてしまいました。
今年はここにしようとさっそく店内へ。
名前は「Cacahouète Paris(カカオエット・パリ)」で、住所は、目黒区東山1-9-6。
最寄り駅は、中目黒。池尻大橋駅からもなんとか歩いて行けます。
Cacahouète・・・辞書で調べたら落花生(の実)でした。
店は、山手通り沿いではなく、その表通りから一歩裏に入ったところにあります。
今年、山手通り裏の目黒区東山界隈には、ニューオープンの店が多いようです。

マンゴームースの中はこんなにステキな抹茶色。

パティシエは、まだ若そうなフランス人。
オーナーは日本人女性らしいのですが、
パティシエはまだあまり日本語が話せないとのことでした。
ニューオープンの店って、近所では2度経験しているんですが、
うれしいことに、試食を出してくれるんです。

この日は、小さなマドレーヌと、
日本ではあまり出されない、
ほんとにどろっとしたチョコレートドリンク(ホット・ショコラ)。
実際、フランス・パリで飲んだこともあったので、懐かしい味でした。
オープンしたのは、ついこの間の12月22日(金)ということで、
今年のクリスマスに間に合うようにと準備したそうです。
ということなので、まだホームページはないようです。

このあたりは、散歩ルートなのですが、
新しく店がオープンするなんて、気がつきませんでした。
ほんとに、裏路地なんですよ。
店はそんなに大きくないのですが、シンプルでパリらしいのです。
さらに、店名のロゴとか袋とかがとても気に入りました。

今年は、久しぶりに
ブッシュ・ド・ノエル(4,000円)を購入しようと思ったのですが、
はじめてということもあり、いろいろと買いたくなってしまい、
今回は、いろんな種類で合計5個購入。
1個550円前後と、ちょっと高めですが、
チョコレートムース等に使用しているチョコレート(ショコラ)がもう最高です。
他にも、ドライケーキやクッキー等もあり、
その中でも気に入ったのが、熊の形をした洋菓子がありました。
シンプルなかわいさでした。

今回は、ショコラ系がメインになってしまいましたが、
他にも、独創的なパティスリーもたくさんありました。
オレンジジュースがベースで、
その上がモンブランなんていう斬新なグラスの器のパティスリーとか、
季節のフルーツを使用したものがありました。

年内は、28日までということですが、
次回は、また違うものを購入したいと思います。

他に紹介したいパティスリーは、
同じく近所の目黒区東山にある「1904」です。
ちなみに、「ディズ ヌフ ソン キャトル」と読みます。
ここもお気に入りなので、購入した際は、掲載しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です